衝撃吸収力のテスト

衝撃吸収に優れた床=衝撃緩和の床

衝撃吸収に優れた畳床を使っている、床材「リフォーム畳®」

衝撃吸収力に優れた床材が、なぜ良いか。それは、万一転倒した場合でも床材が衝撃を吸収する事で、人が受ける衝撃を弱くする事ができるからです。一般的に弾力性のある床材ほど衝撃吸収力に優れていますが、単に表面が、やわらかい床材であれば良いとも言えません。表面の床材だけでなく下地からも影響を受けるからです。

「リフォーム畳®」は衝撃吸収に優れた畳床を使用しています。


「リフォーム畳🄬」は、公的試験機関にて試験を行っています。



床の衝撃吸収力に下地が及ぼす影響を試験

畳床55mmの【あり】と【なし】の衝撃比較試験

試験材料は同じ【クッションフロアシート1.8㎜+合板9㎜】

*クッションフロアシートは下地に貼着させるて使用する製品の為、試験材料に合板9㎜を使用しましたが、

「リフォーム畳®」には通常べニア3~4㎜を使用しています。使用する材料で数値が変わる事をご了承ください。

結果

畳床あり:1848N

畳床なし:4714N

その差 :2866N

畳床ありでは、衝撃が2866Nも減少しました。

 

*この値は測定値であり、保証値ではありません。

【畳床あり】の試験品が「リフォーム畳®」です。

この試験データで分かることは、

床の衝撃吸収力に下地が及ぼす影響です。

同じ試験品(クッションフロア1.8mm+合板9mm)に55mmの畳床を加える事で起こる変化は、【衝撃緩和】です。

床の衝撃吸収に下地の影響が大きい事が分かります。

この試験結果で分った事は、畳床の優れた衝撃吸収力です。


(注1) 試験品 クッションフロア1.8mm+合板9mmは同じ試験品を使用しました。

(注2) 試験の値は測定値であり、保証値ではありません。

(注3) 数値は使用する材料で変わります。

「リフォーム畳®」に使用する材料に限定はありません。その為、使用する材料で数値が変わります。

取得している特許は、製造方法の特許になります。

試験品は「リフォーム畳®」の一例の組み合わせです。「リフォーム畳®」は使用する材料を自由に選べる製品です。使用する材料である表面シート材・下地板・畳床が全て自由に選ぶ事ができます。その点をご了承願います。


「リフォーム畳®」・フローリング・畳の衝撃比較

*「リフォーム畳®」は下地に板材を使用する為、畳より数値が劣ります。

*この試験品 「リフォーム畳®」の材料・・・クッションフロアシート1.8㎜+畳床55㎜+べニア3㎜を使用。

 

「リフォーム畳®」に使用する材料に限定はありません。その為、使用する材料で数値が変わります。

取得している特許は、製造方法の特許になります。

試験品は「リフォーム畳®」の一例の組み合わせです。「リフォーム畳®」は使用する材料を自由に選べる製品です。

使用する材料である表面シート材・下地板・畳床を全て自由に選ぶ事ができます。その点をご了承願います。


【朗報】介護保険・住宅改修補助金が畳敷きで認められました!

介護保険における住宅改修が平成29年7月に改訂され、

畳敷から畳敷(転倒時の衝撃緩和機能が付加された畳床を使用したものなど同様の機能を有するものを含む。)への変更や板製床材等から畳敷への変更が認められるようになりました。


ゆで卵で衝撃吸収力実験

ゆで卵を60cmの高さから落とし衝撃吸収力の実験をしました。結果は「リフォーム畳®」ではゆで卵の殻は割れず、フローリングではゆで卵の殻は割れました。(全ての「リフォーム畳®」でゆで卵の殻が割れない保証はありません。)「リフォーム畳®」は使用する材料を選択できる製品です。選択する材料で衝撃吸収力も変わります。

この実験に使用した表面シート材は【フロテックスシート】です。

 


床の安全性=滑りにくさ+衝撃吸収力です。滑りにくさを体験して頂きました。


畳の構造を変えて「リフォーム畳®」は進化しました

通常の畳の構造です
通常の畳の構造です
構造を変えたことでシート材が畳に使えるようになりました。
畳の構造とは違います。下地板を加えています。その下地板に畳表の代わりに使用するシート材を貼る構造に変えました。
フローリング柄のリフォーム畳です。サイズは畳と同じです
表面シート材にフローリング柄のクッションフロアシートを使用した「リフォーム畳」です
畳床とクッションフロアシートは縫い糸を切れば外れます
リフォーム畳の側面と裏側です。裏側の見えているのは、畳床です。畳床に表面シート材を縫い付けています。