最強の畳「リフォーム畳®」

強さ

これは、畳です!

酷い汚れも簡単お掃除


こんなところでリフォーム畳®!

高齢者・介護用の床に

高齢者や在宅介護にもっとも心配なのは、「転倒」によるケガではないでしょうか?リフォーム畳®は、抜群の衝撃吸収力で、と転倒によるケガを未然に防ぎます!

介護リフォーム・住宅改修補助金

リフォーム畳®は車椅子が使えます

・介護保険住宅改修補助金対象の機能性があります!

乳幼児・子供部屋の床に

乳幼児や子供のお部屋では「傷や汚れのメンテナンス・掃除」「ハウスダスト」などが心配では?リフォーム畳®は傷に強く、楽らく水拭きでいつでも清潔に保てます!

畳で洋室!ペットと座って遊ぼう

ごろ寝がしたくなる床で、ワンちゃん猫ちゃんと座って楽しく遊べます!

畳業界初!畳にクッションフロアシートを使う畳です!

畳で作るリフォーム畳®は、人にもペットにも優しい床材です!


「リフォーム畳®」で車椅子体験が出来ます。

本当に畳で車椅子が使えるの?と思われる方、大歓迎です。

当店でリフォーム畳®で車椅子の体験が出来ます。

体験を希望される方は、お電話をお願いします。

☎048-996-8469

 

畳柄もあります
畳柄もあります

車椅子あります

「リフォーム畳®」は畳です



リフォーム畳®とは?

フローリング柄の縁付き畳です。
縁付き畳の 「リフォーム畳®」
見た目は洋室の畳です。
縁無し畳の「リフォーム畳®」
張替えも出来ます
側面は畳と同様に縫います
畳柄のクッションフロアシートを使用
見た目も畳の「リフォーム畳®」
丈夫で水拭きもOKです。
車椅子が使えて、衝撃緩和

驚きの丈夫さ!衝撃緩和に優れた機能性畳!

和室を工事無しで洋室にリフォーム!

「リフォーム畳®」は、衝撃緩和に優れた畳床を使用しています。畳表として使用する表面シート材(クッションフロア・カーペットなど)の裏に板材を貼り付けた全く新しい施工方法で作る畳です

設置方法は従来の畳と同じです。フローリングのような大掛かりな工事の必要が無く、和室を洋室に簡単にリフォームできます。また、和室に戻す事も可能です。和室でも洋室でも自由に選ぶ事ができます。

ライフスタイルに合わせて変更自由な床材です。畳だから出来る事です。

(クッションフロアシートの柄はい草柄もあります。)

リフォーム畳に入れ替える前の部屋(和室)
和室の
畳を撤去します
畳を撤去します
畳の様に作ります
畳の様に作ります
敷き込み作業中
敷き込み作業中
あと1枚で終了です
あと1枚で終了です

「リフォーム畳®」に取り換え後

和室の畳を「リフォーム畳®」に替えた後のものです。
和室の畳を「リフォーム畳®」に替えた後のものです。

まるでフローリングの床のように見えませんか?

この床が、畳なんです。

和室から洋室に簡単にリフォームができます。

キズが付きにくく、耐久性も抜群です!

冬の寒さが違います。

畳床の優れた断熱性

良く言われる事は「断熱材が付いているのと同じですね。」

更に優れた衝撃緩和力があります。

 

施工から3か月半経過した頃の

お客様の感想は、

「快適です」と言って頂けました。

ありがとうございます。

 


衝撃吸収力の実験結果

製造方法は特許取得

八潮市推奨品に認定



【リフォーム畳®】介護保険住宅改修補助金の対象

厚生労働省・介護保険住宅改修補助金の改訂

衝撃緩和+同様の機能性・畳敷きが認められる

介護に適した機能性がある畳を開発しました!「リフォーム畳®」です。

既に推奨されている、ビニル系床材等への変更と同様の機能性と衝撃緩和機能で「リフォーム畳®」が認められました。

【滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更】で畳敷から畳敷への変更や板製床材等から畳敷への変更が認められました。

【滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更】について

居室においては、畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更等が想定されると通知されているが、畳敷から畳敷(転倒時の衝撃緩和機能が付加された畳床を使用したものなど同様の機能を有するものを含む。以下同じ。)への変更や板製床材等から畳敷への変更が認められます。


改訂が行われるに至る【転倒事故の増加】

東京消防庁/平成29年・高齢者の救急搬送

8割がころぶ事故で、4割の方が入院となり、事故発生場所の1位は居室・寝室です

入院の必要がある中等症以上約4割


東京消防庁管内だけでも高齢者の「ころぶ」事故は5年で約1万1千人増加しています

高齢者の「ころぶ」事故の発生状況

高齢者の事故の中で最も多いのが「ころぶ」事故で、毎年多くの高齢者が「ころぶ」事故でケガをして救急搬送されています。その数は年々増加し、平成29年には55,614人が救急搬送されています。

また、人口10万人あたりの救急搬送人員をみてみると、年齢が高くなるにつれて増加しており、高齢になるほど「ころぶ」ことがケガにつながっています。

 

「ころぶ」事故による高齢者の年別救急搬送人員

東京消防庁ホームページからの引用


高齢者の転倒事故は寝たきりになる場合があります

転倒してもケガをしなければ良いのですが、高齢者は転倒で骨折してしまう事があります。骨密度の低下もあり、硬いフローリング等の床で転倒した場合は、骨が転倒時の衝撃に耐えられない事で骨折に至る事があります。重症の場合は、そのまま寝たきりになる事もあります。床の衝撃緩和が重要になります。


リフォーム畳®を使うメリットは【衝撃緩和】です!

更に必要な条件は機能性

「リフォーム畳®」は車イスが使える畳です!

家で生活する為にリフォームしたのに、転倒して入院しては、何の為のリフォームなのか分かりません。【転倒時の衝撃緩和】は重要なポイントではないですか!

フローリングではありません畳です「リフォーム畳」です。柄は色々選べます。
フローリングではありません畳です「リフォーム畳」です。柄は色々選べます。
沈み込みが少なく車イスをスムーズに動かせます。
沈み込みが少なく車イスをスムーズに動かせます。
い草柄の「リフォーム畳」です
い草柄の「リフォーム畳」です

近隣の市役所・区役所に確認しました。

介護保険住宅改修申請を

「リフォーム畳®」は、受付けて頂けるとの回答を頂きました。

 


衝撃緩和+歩き易さ+滑りにくさ+機能性

衝撃緩和と歩き易さのバランスが重要です。

衝撃緩和に優れていても、ふわふわでは、歩きにくく転倒の危険があります。

その為、沈み込みが少なくなる適度な硬さも必要です。

「リフォーム畳®」は、衝撃緩和に優れているのに、沈み込みが少ない工夫があります。

下地に板材を使うことで、沈み込みを少なくしています。

表面シート材と畳床が衝撃緩和をします。

お掃除は、水拭きができて、膝にも優しく、キズが付きにくい、滑りにくい、クッションフロアシートを使用します。



経済産業省中小企業庁Webサイト「ミラサポ」に掲載中です

リフォーム畳に託す夢は転倒時のケガの軽減です
東京都立産業技術研究センターで衝撃吸収性の試験を実施していただきました

「ミラサポ」未来の企業*応援サイトに掲載していただきました。

未来に向けて「リフォーム畳®」に託す夢は、

「丈夫な床材であり、転倒してもケガを軽減できるお部屋が作りたい。」です。

転倒してもケガをしなければ、「転んじゃった」で済みます。

畳は優しい床材です。畳に求められる事は丈夫さです。

そこで、丈夫な畳を作りました。

車椅子が使える畳です。それが「リフォーム畳®」です。

畳で洋室も作れます。お部屋が和室でも洋室でも何度でも替えられます。

畳表の代わりに使用するシート材(クッションフロアシート)には車椅子が使用できる製品があります。

リフォーム畳®には通常の畳には使用される事の無い「下地板」が使われています。この「下地板」が沈み込みを少なくして車椅子が使える畳にしています。

ご覧いただいた方が驚かれるほどで、畳では考えられない丈夫さです。水拭きができてお掃除も簡単です。しかも、畳の優しさがあります。

「リフォーム畳®」の優れた衝撃吸収力は東京都立産業技術研究センターで実施していただきました試験によって数値で表すことができました。



製造元:大山畳店について

大山畳店の店舗外観

大山畳店のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
当店は昭和55年に生まれ育った八潮市に、畳の専門店として開業いたしました。
施工させて頂きましたお客様に、ご満足いただけることを最優先に考えております。
畳の良さを伝えられる職人になれるよう、日々努力しております。

大山畳店へのアクセス

〒340-0813

埼玉県八潮市木曽根648番地1

☎/FAX 048-996-8469

大山畳店