大山畳店 News ニュース

・INPIT埼玉県知財総合支援窓口のリーフレットに掲載されました。

2020年6月30日スタート 八潮市住宅改修資金補助金申請

・2020年アクセス埼玉5月号に掲載されました。

・日刊ゲンダイYahoo!ニュースにも掲載されました。

・2020年5月9日 日刊ゲンダイに掲載されました。

・2020年4月25日発行 月刊 商工会5月号に掲載されました。(発行所/全国商工会連合会)

2020年やしお生活ガイドブックが配布されています。

   P63高齢福祉/介護保険 介護保険の住宅改修助成金が受けられる「リフォーム畳®」の広告を掲載しました。

2020年 埼玉県よろず支援拠点 支援企業支援事例集2017-2019に掲載されました。

令和2年3月31日 読売新聞地域・埼玉に掲載されました。

令和2年3月23日 東武よみうり新聞に掲載されました。

令和2年3月23日 東武よみうりウェブ版とーよみnetでトップニュースに掲載されました。

テレビ埼玉ビジネスウォッチの公式ホームページのバックナンバー2020年2月22日で、

   大山畳店の「リフォーム畳®」の取材をして頂きました動画が、ご覧頂ける様になりました。

・2020年2月5日 渋沢栄一ビジネス大賞「特別賞」受賞しました

     テーマ 車椅子が使え、洋室も作れるリフォーム畳®

2020年 アクセス埼玉1月号 特集 新春座談会「中小企業の知財戦略」に参加しました。

・平成30年度「八潮ブランド」認定


こんなところでリフォーム畳®!

高齢者・介護用の床に

高齢者や在宅介護にもっとも心配なのは、「転倒」によるケガではないでしょうか?リフォーム畳®は、抜群の衝撃吸収力で、転倒によるケガを軽減します!

介護リフォーム・住宅改修助成金

リフォーム畳®は車椅子が使える畳です。

介護保険住宅改修助成金制度を利用して改修工事を行っています。

乳幼児・子供部屋の床に

乳幼児や子供のお部屋では「傷や汚れのメンテナンス・掃除」「ハウスダスト」などが心配では?

リフォーム畳®は傷に強く、水拭き掃除ができて、お部屋を清潔に保てます!

畳で洋室!ペットと座って遊ぼう

ごろ寝がしたくなる床で、ワンちゃん猫ちゃんと座って楽しく遊べます!

畳にクッションフロアシートを使う畳です!

畳で作るリフォーム畳®は、人にもペットにも優しい床材です!



製造方法は特許取得

リフォーム畳®商標登録

渋沢栄一ビジネス大賞「特別賞」を受賞

埼玉県知事 大野元裕様から賞状を受賞
埼玉県知事 大野元裕様から賞状を受賞

八潮ブランド認定

八潮市推奨品に認定




介護保険が使えます。

車椅子が使える畳です。通常の畳ではありません。

厚生労働省に「リフォーム畳®」の機能性を説明させて頂いた翌年の

平成29年7月に介護保険住宅改修助成金制度の改訂が行われました。

【滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更】項目で、

畳敷から畳敷への変更や板製床材等から畳敷への変更が認められました。

現在、【リフォーム畳®】は市区町村で介護保険住宅改修助成金申請が受理され、施工をしています。

担当者の方にミニサイズの「リフォーム畳®」を触って頂いています。

「この畳であれば問題はありません。」と言われます。

通常の畳で無いことが直ぐにご理解頂ける製品です。

 


この床は畳です!「リフォーム畳®」です。

硬さがあるから沈み込まず、柔らかいから転倒時のケガの軽減に最適な床材!

フローリングの床に見えますが、この床は畳です。「リフォーム畳®」です。

柄は自由に選べます。

機能性は、車椅子が使え、水拭き掃除も可能です。

更に優れた衝撃緩和で転倒時のケガの軽減になります。(フローリングの約1/3に軽減)

車椅子を使用しても表面にヨジレは発生しません。車椅子が使える丈夫さがあります。

畳床を使用している「リフォーム畳®」は、断熱性にも優れています。

「工事をしない、交換作業で完了する手軽さが良い」と言って頂けました。

【大まかな目安】採寸約3時間→当店で製作約3週間(お部屋はそのまま使えます)→交換作業約3時間

「探していた希望通りの床材です。」とお客様には、大変喜んで頂けました。



「リフォーム畳®」が八潮ブランドに認定されました

広報やしお3月号12面に掲載されました
広報やしお3月号12面に掲載されました

市役所に展示

八潮市役所の展示ケースに展示されています。



2019.2.9 読売新聞の埼玉版に八潮ブランド3品認定で掲載されました。

2019.2.15「リフォーム畳®」が朝日新聞の取材を受け埼玉版に掲載されました。

朝日新聞デジタル版の題 「畳」界の最先端 硬いけど衝撃吸収、車いすもOK

2019.2.18 東武よみうりに「八潮ブランド」認定で掲載されました。


Yahoo!ニュースに掲載されました。日刊ゲンダイ記事

埼玉県の畳店が考案 介護の味方になる「リフォーム畳」って何だ?

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

リフォーム畳の断面。合板に接着したクッションフロアシートを畳床に縫い付ける(C)日刊ゲンダイ

 親の介護のため、畳の部屋を洋室に模様替えしたいと考えた。そんな時、有力候補になりそうなのが街の小さな畳屋が考案した「リフォーム畳」だ。

 イ草でできた通常の畳表のかわりに、洋室や台所などで使われるクッションフロアシートを使用。合板をシートに裏打ちすることで強度を確保した。車いすを使っても沈み込んだりすり切れたりしないため、介護用リフォームで注目を集めている。

 考案したのは埼玉県八潮市の大山畳店。夫婦と息子で営む、小さな畳屋だ。開発から特許申請まで、リフォーム畳事業を担当してきた妻の大山惠美子さんは、「開発を始めたのは10年ほど前。どんどん畳が売れなくなっていて、なんとかしなくてはと思っていました」と、当時を振り返る。

 イ草の畳表のかわりに、塩化ビニール製のクッションフロアシートを畳床に縫い付けた畳を作る。それを畳替えの要領で入れ替えれば、簡単にリフォームできると考えたのだが、事はそう簡単に進まなかった。

 クッションフロアシートをただ縫い付けただけでは、波打ってしまう。またシート自体も、加工しやすさを考慮してか、素手でも破れるような強度しかなかった。

「もっと強い、破れないシートを作ってほしいとメーカーに頼んでも、まともに相手にしてもらえませんでした」(大山さん)

 畳表に使うのはそもそも想定外の使用法だし、どれだけニーズがあるかもわからない。メーカーが興味を示さないのも、無理もない話だった。

「強度が足りないなら、合板で裏打ちすればいいのではないか?」

寝床でウトウトしながらたどりついたアイデア

大山畳店の皆さん(C)日刊ゲンダイ

 大山さんは寝床でウトウトしながら、このアイデアにたどりついたという。クッションフロアシートはそもそも床材に接着して使うものだから、合板に接着すれば強度の心配はなくなる。シートを合板より少し大きくして縫いしろを作り、畳床に縫い付けると、うまくいった。

 こうして2015年、リフォーム畳は売り出されたのだが、当初は見向きもされなかった。

「店のホームページもこの畳発売を機に始めたくらいで、小さな畳屋がどうPRすればいいのか、見当もつきませんでした」

 潮目が変わったのは、八潮市が認定する18年度の「八潮ブランド」に、この畳が選ばれたことだった。メディアにも取り上げられ、徐々に注文が入るようになっていった。

 介護のためのニーズが大きいというリフォーム畳。まず、工事が簡単だという点がウケている。

「畳の採寸と入れ替え、2日で計6時間ほどあれば工事は終わります」(大山さん)

 通常のフローリング工事では、こう簡単にはいかないだろう。また畳床は通常の畳と同じなので、クッション性にも優れている。お年寄りの転倒事故を考えると、これも見逃せない長所だ。

 畳とフローリングの、いいとこ取りなこの畳、介護用リフォームの、切り札となるか。

 (取材・文=五嶋正風)

 


日刊ゲンダイに掲載して頂きました。


月刊 商工会5月号に掲載(発行/全国商工会連合会)



今ある畳と交換するだけでリフォームは完了です。

和室を工事無しで洋室にリフォームが出来ます!

畳を新しく作る「リフォーム畳®」に交換するだけで完了です。

 

フローリング柄の縁付き畳です。
縁付き畳の 「リフォーム畳®」
見た目は洋室の畳です。
縁無し畳の「リフォーム畳®」
張替えも出来ます
側面は畳と同様に縫います
畳柄のクッションフロアシートを使用
見た目も畳の「リフォーム畳®」
丈夫で水拭きもOKです。
車椅子が使えて、衝撃緩和

「リフォーム畳®」は、衝撃緩和に優れた畳床を使用しています。畳表として使用する表面シート材(クッションフロア・カーペットなど)の裏に板材を貼り付けた全く新しい施工方法で作る畳です

設置方法は従来の畳と同じです。フローリングのような大掛かりな工事の必要が無く、和室を洋室に簡単にリフォームできます。また、和室に戻す事も可能です。和室でも洋室でも自由に選ぶ事ができます。

ライフスタイルに合わせて変更自由な床材です。畳だから出来る事です。

(クッションフロアシートの柄はい草柄もあります。)

リフォーム畳®に交換前の部屋
リフォーム畳®に交換前の部屋
畳を撤去します
畳を撤去します
畳の様に作ります
畳の様に作ります
敷き込み作業中
敷き込み作業中
あと1枚で終了です
あと1枚で終了です

「リフォーム畳®」に交換で完了

和室の畳を「リフォーム畳®」に交換して完了です。
和室の畳を「リフォーム畳®」に交換して完了です。

まるでフローリングの床のように見えませんか?

この床が、畳なんです。

和室から洋室に簡単にリフォームができます。

キズが付きにくく、耐久性も抜群です!

冬の寒さが違います。

畳床の優れた断熱性

良く言われる事は「断熱材が付いているのと同じですね。」

更に優れた衝撃緩和力があります。

 

施工から3か月半経過した頃の

お客様の感想は、

「快適です」と言って頂けました。

ありがとうございます。

 



転倒予防・転倒時のケガの軽減の床材として機能性があります。
埼玉県社会福祉協議会・彩の国すこやかプラザにパンフレットを設置して頂いています。

埼玉県社会福祉協議会で展示

埼玉県福祉協議会・彩の国すこやかプラザ「介護すまいる館」に、パンフレットとミニサイズの【リフォーム畳®】の見本を設置させて頂ける事になりました。



経済産業省中小企業庁Webサイト「ミラサポ」に掲載中です

リフォーム畳に託す夢は転倒時のケガの軽減です
東京都立産業技術研究センターで衝撃吸収性の試験を実施していただきました

「ミラサポ」未来の企業*応援サイトに掲載していただきました。

未来に向けて「リフォーム畳®」に託す夢は、

「丈夫な床材であり、転倒してもケガを軽減できるお部屋が作りたい。」です。

滑りにくさで転倒予防に、衝撃緩和でケガの軽減に、

畳は優しい床材です。畳に求められてきた事は丈夫さです。

そこで、丈夫な畳を作りました。

車椅子が使える畳です。それが「リフォーム畳®」です。

畳で洋室も作れます。

畳表として使用するシート材(クッションフロアシート)には車椅子が使用できる製品があります。

ご覧いただいた方が驚かれるほどで、畳では考えられない丈夫さです。水拭きができてお掃除も簡単です。しかも、畳の優しさがあります。

「リフォーム畳®」の衝撃吸収力試験は東京都立産業技術研究センターで実施していただきました。

試験によって数値で表すことができました。



特許庁の知財ポータルサイトに掲載されました。


製造元:大山畳店について

大山畳店の店舗外観

大山畳店のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
当店は昭和55年に生まれ育った八潮市に、畳の専門店として開業いたしました。
施工させて頂きましたお客様に、ご満足いただけることを最優先に考えております。
畳の良さを伝えられる職人になれるよう、日々努力しております。

大山畳店へのアクセス

〒340-0813

埼玉県八潮市木曽根648番地1

☎/FAX 048-996-8469

大山畳店