高齢者が注意されていることは、転倒ではないですか!

転倒による骨折

高齢者の転倒が危険である事は、多くの人が理解しています。骨折の危険があるからです。

しかし、転倒には様々な要因があり、注意をしていても防げない場合があります。

筋肉の衰え、視力の低下、骨も弱くなっています。

薬の服用による、意識の低下もあるでしょう。

どんなに注意していても、転倒を防げない場合があります。


この様な床をお探しではないでしょうか?

*転倒しても、ケガをしにくい床にしたい。

*滑りにくい床にしたい。

*座って痛くなく、水拭きでお掃除ができる床にしたい。

*和室のまま、丈夫で機能性のある床にしたい。

*メンテナンス費用を抑えられる床にしたい。

 


転倒時のケガ予防には、衝撃を吸収する床材です。畳は床材の中で群を抜いて衝撃吸収に優れています。

しかし、メンテナンスを考えると高齢になってからの畳表の張替えは、費用も掛かる。

一度工事をしてしまえば、フローリングの方が良いのではないか?

そう思われる方が多いと思われます。

しかし、フローリングの床は硬く、滑りやすい床もあります。

年々、家庭内でも転倒による骨折事故が増加しています。

また、外気の影響も受けやすく冬場は畳敷より寒いと感じられるのではないでしょうか。

では、安全で、滑りにくく、衝撃吸収に優れ、メンテナンス費用を抑えられる床材はあるのか?


当店は、畳一筋で仕事をしてきました。

畳の良さを最大限に発揮して、メンテナンス費用を抑えられる床材として、

開発した製品が「リフォーム畳®」です。

クッションフロアシートを畳表の代わりに使用する「リフォーム畳®」はとても丈夫です。メンテナンスはそれほど必要ないと思われます。(クッションフロアシートは洗面所・台所等に使用されているシートです。店舗に使用されることもあります。)ご家庭で使用されているクッションフロアシートの張替えを頻繁にされていますか?

必要な部分だけ「リフォーム畳®」に変えることもできます。

「リフォーム畳®」は畳表のようにシート材を替えることもできます。

傷んだ場合、そこの部分だけ変えれば、メンテナンス費用を抑えられます。

柄は色々あります。い草柄もあります。

畳床を用いた「リフォーム畳®」は、転倒時の衝撃吸収に優れ、ケガ予防になります。

使用するシート材で滑りにくさ、強度を選ぶことができます。


クッションフロアシートを畳にそのまま使用した場合は、強度不足等の問題が発生する恐れがあります。

その問題点を解決させた製品が「リフォーム畳®」です。


違いが、お分かり頂けるでしょうか?クッションフロアシートは貼り付けて使用する床のシート材です。

これが「リフォーム畳®」です。

クッションフロアシートは、下地に貼り付けています。

クッションフロアシートは、貼り付けて使用するように作られた製品です。


これは、クッションフロアシートを貼り付けずに作った場合に発生する現象です。

クッションフロアシートは、いつ破れるかわかわない状態になっています。