*お知らせ*

当店では新しく、畳で洋室にリフォームが出来る製品「リフォーム畳®」(八潮市推奨品認定)を始めました。宜しくお願いたします。


畳の表替え

表替えは畳の表面(畳表)を新しくします。畳床はそのまま使用します。畳表・畳縁が新しくなります。

畳表の表面からは見えないのですが、「経糸」に「い草」を織り上げて作られています。「経糸」は、大別すると「綿糸」と「麻糸」があります。なぜ、経糸に違いがあるのかは、使用するい草の本数に経糸が負けない様に強度を調整しているからです。

い草の本数が多い畳表に「綿糸」のみでは、経糸の強度が不足して切れる恐れがあります。

畳のサイズは約180cmあります。畳床に畳表の片側を縫着させ、反対側を引っ張り弛みを無くして縫着します。その為、経糸の強度は重要となります。

使われる経糸は、「綿」「綿W」「麻」「麻綿W」「麻W」などがありますが、一般のご家庭用では、経糸に「麻綿W」使用している畳表が主に選ばれています。

「い草」はい草農家の方が丹精込めて作られています。工場て作られる製品と違い、天候にも土にも影響を受ける農作物です。すべて、同じに育たない為、価格にも違いがでます。

当店では、畳表のサンプルをお持ちします。

畳表の違いは見ただけでは、分かりにくいと思いまが、触って頂くときっと分って頂けると思います。

納得して頂いてから、お仕事をさせて頂きます。


畳縁もモダンな柄が誕生しています。


今は、い草表の他にも和紙表や樹脂表などがあります。写真は一部見本を掲載しました。

当店でカラフルな畳表でミニ畳を作りましたのでご覧ください。