社名  大山畳店

代表 大山 勝
 所在地  〒340-0813
   埼玉県八潮市大字木曽根684番地1
   TEL/FAX   048-996-8469
   
創業

 昭和55年4月

 

 営業種目

畳工事一式請負

 

新製品「リフォーム畳®」(特許取得)は、

畳を畳で、お部屋を洋風にリフォームができます。また、和室に戻せます。

お掃除が楽・メンテナンスが楽・衝撃吸収力に優れ・防音効果があり・断熱性があり温もりがあります。

介護保険における住宅改修助成金の対象になる機能性があります。(車イスが使えます。)

 

設備  

畳加熱乾燥機

 

展示会出展

公益財団法人テクノエイド協会主催 障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2016」

公益財団法人テクノエイド協会主催 障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」

第21回埼玉東部工業展 in さいたまスーパーアリーナ平成30年1月24日・25日

 

開発支援

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 「平成28年度都産技研活用事例集」掲載

 

協賛 

 畳でおもてなしプロジェクト

 

八潮市推奨品認定 

平成27~28年度・平成29~30年度

 

八潮市商工会工業部会発行誌

必見!!八潮のスゴ技に掲載されました。

 

月刊東武よみうりPR版2017.11.24

「三遊亭春馬のものづくり探訪」にリフォーム畳®が掲載されました。

 

特許取得 特許第5466289号
 

特許第5590632号

 

商標登録 リフォーム畳  第5724820号
商標登録 リフォーム畳禅陽 第5688034号

経済産業省中小企業庁Webサイト「ミラサポ」に掲載中です

「ミラサポ」未来の企業*応援サイトに掲載されています。
「ミラサポ」公的機関の歩き方・東京都立産業技術センターにリフォーム畳が掲載されています。こちらで衝撃吸収の試験を実施して頂きました。

「ミラサポ」未来の企業*応援サイトに掲載していただきました。

当店が未来に向けて「リフォーム畳®」に託す夢は、

「転倒してもケガを軽減できるお部屋が作りたい。」です。

転倒してもケガをしなければ、「転んじゃった」で済みます。

畳は優しい床材です。畳を洋室にもできる自由な床材にしました。

畳表の代わりに使用するシート材には車イスが使用できる物もあります。丈夫で水拭きができて畳の優しさがある床材です。

 



ご挨拶

大山畳店のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

当店は昭和55年に生まれ育った八潮市に、畳の専門店として開業いたしました。

施工させて頂きましたお客様に、ご満足いただけることを最優先に考えております。

畳の良さを伝えられる職人になれるよう、日々努力しております。

 

大山畳店には、

新たに取り組んでいる製品があります。

表現が難しいのですが、畳を自由な床材にしました。

和室⇔洋室を何度でも工事無しで替えられます。

見た目も機能性も洋風の部屋の様になり、畳の良さも残している。

そんな、床材です。

畳を作る職人が、始めたチャレンジです。

畳の新たな可能性を信じ、

今までの畳には無かった機能性を加えました。

温もりのある床材として、皆様に喜んでいただける製品を作りたいと思っております。

 

畳床を使った「水拭きができて、車椅子も使える。」製品です。

製品名は「リフォーム畳®」です。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

「リフォーム畳®」は自由に形態を変えられます。また、通常の畳にも戻せます。

 

なぜその様な、製品作りに取り組んでいるのか。

畳の需要は減少しています。しかし、形を変えることで新しく生まれ変わり、

日本独自の欧米化した生活様式に受け入れられる畳を作る事は出来ないか!

日本独自の生活様式に合わせた畳を開発すれば良いのではないかと発想するに至りました。

欧米とは違い日本人は、靴を脱いで生活します。

 

高齢化が進む日本で、転倒による骨折は、回避したい事故です。

しかし、転倒による事故がお部屋の中でも増えていることをご存知でしょうか。

転倒での骨折は、骨が衝撃に耐えられずに起こります。

そこで重要なことは転倒時の衝撃を緩和する床材です。

畳は床材の中では群を抜いて、衝撃吸収に優れています。

この点からも畳の存在意義は、まだあると確信しています。

「床の安全性」=「衝撃吸収力」+「滑りにくさ」です。

畳の衝撃吸収力と機能性(ビニル系床材が持つ機能性)を追求した床材開発すれば、

皆様に喜んで頂ける床材になるとの思いで開発をしています。

床の安全性

「衝撃吸収力」畳床は衝撃吸収力に優れています。 

「滑りにくさ」滑りにくいビニル系床材を使用する。

重要となる事は、「車イスが使える!」強度です。

 

ビニル系床材を畳の施工方法で施工する事はできません。

なぜか?強度不足が発生するからです。

 

毎日が試行錯誤の繰り返しでしたが、

ビニル系床材のメーカーに発注ができる製品を開発する事ができました。

「リフォーム畳®」は、産声を上げたばかりです。

皆様の声をお聞かせてください。その声に応えられる様に、これからも努力してまいります。

 

お客様にご満足いただける畳店を目指してまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


経過報告

2017年7月3日厚生労働省/介護保険における住宅改修助成金制度の改訂が行われました。

居室においては、畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更が想定されると通知されているが、

畳敷から畳敷(転倒時の衝撃緩和機能が付加された畳床を使用したものなど同様の機能性を有するものを含む。以下同じ。)への変更や板製床材等から畳敷への変更についても認められる。

となりました。

 

介護保険における住宅改修助成金の申請は、各市町村の役場となります。

当店では、近隣の市役所に訪問を行い、「リフォーム畳®」が申請された場合、申請を受理して頂けるかの確認をしています。

現在まで訪問させて頂きました市役所では全て、申請は受理して頂けるとの回答を頂いています。

 


2017年(平成29年)11月24日(金)月刊東武よみうりPR版

リフォーム畳®が、三遊亭春馬師匠のものづくり探訪の取材を受けました。

真剣に「リフォーム畳®」の事を聞いて下さり、

ありがとうございました。

 



地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター

 

「平成28年度都産技研活用事例集」に掲載

 




八潮市推奨品認定証

必見!!八潮のスゴ技に掲載されました。

(八潮市商工会工業部会発行)



2017年1月19日に大阪マーチャンダイズマートにて開催されました公益財団法人テクノエイド協会様主催の障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2016」に出展させて頂きました。



2018年2月20日~21日TOC有明コンベンションホールにて開催されました公益財団法人テクノエイド協会様主催の障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」に出展させて頂きました。



地図

つくばエクスプレス線 八潮駅

八潮駅(北口)1番乗り場コミュニティバス{北ルート}約10分 木曽根西バス亭下車 バス亭前徒歩0分

八潮駅(北口)~木曽根西~草加駅(東口) 草加06 木曽根西バス亭下車 バス亭前徒歩0分