【住まい】で発生する事故のグラフ

介護施設でも自宅内でも多く発生している事故は転倒・転落です。

厚生労働省

平成28年度老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業

高齢者向け住まいにおける事故予防報告書より 

平成29年3月 ㈱アルテップ

 


「リフォーム畳®」で転倒事故の予防をしませんか!

体験された方が驚かれる床材です!それほど、見た目と踏み心地に違いがあります!

フローリングとは全然違いますね!ごろ寝がしたくなる様な床ですねと言われます!

「リフォーム畳®」は衝撃吸収に優れています。


「リフォーム畳®」は、今までの床材と何が違うのか?

畳表としてクッションフロアシートが使えます。【特許取得の施工方法】

「リフォーム畳®」は、畳で作っています。しかし、みなさんがご存知の畳とは、違います。

通常の畳は、水を吸収します。しかし、「リフォーム畳®」はビニル系床材を表面に使用している為、水拭きができます。

通常の畳は、車イスが使えません。しかし、「リフォーム畳®」は車イスが使えます。

ビニル系床材「クッションフロアシート」を下地の板材に貼着している為、ヨジレの発生も無く、沈み込みも少なく車イスがスムーズに動かせます。

畳の良さである衝撃緩和と、ビニル系床材の機能性を取り入れた新しい畳です。

 

違いは、衝撃緩和力と滑りにくさです。

家庭でも介護施設でも硬い床で転倒した場合は、骨折の危険があります。

畳の衝撃緩和力は、畳床の厚さにあります。

「リフォーム畳®」は、滑りにくく、沈み込みも少なく歩きやすく、ビニル系床材のクッション性もあります。

転倒時のケガの軽減は、衝撃緩和に優れた床材です

安全な床=「滑りにくさ」+「衝撃吸収力」です。

表面に使用するシート材は、機能性(滑りにくさ等)・柄(い草柄他)を選べます。


高齢になると、「筋力の衰え」・「骨粗鬆症」・「くすりの服用」等、様々な要因で、転倒を防ぐことは難しい課題です。

ケガ予防・転倒予防には、床材選びが重要です。


車イスも問題無く、スムーズに使えます。

ソフトなのに沈み込みが少なく、車イスをスムーズに動かせます。
フローリングに見えますが、畳で作っています。
多くの方に車イスを体験して頂きました。問題はありません。
車イスを動かしても、表面シートにヨジレは発生しません。

表面に使用するシート材を自由に選ぶことができます。

「リフォーム畳®」は部屋の畳1枚から替えられます。