高齢者の「ころぶ」事故の発生状況

5年間で約1万1千人の増加

東京消防庁/「ころぶ」事故による高齢者の年別救急搬送人員

事故種別ごとの高齢者の救急搬送人員(平成29年中)

「ころぶ」事故8割

「ころぶ」事故による高齢者の初診時程度別救急搬送人員(平成29年中)

入院が必要・約4割

軽 症:入院の必要がないもの
中等症:生命の危険はないが、入院の必要があるもの
重 症:生命の危険が強いと認められたもの
重 篤:生命の危険が切迫しているもの
死 亡:初診時に死亡が確認されたもの


東京消防庁ホームページからの引用


転ぶ事より、転んで・・・ケガをする事が心配! *転倒によるケガの軽減を*

衝撃吸収性の良い床材で、転倒による怪我の軽減
転倒による骨折

高齢者の転倒が危険である事は、多くの人が理解しています。骨折の危険があるからです。

しかし、転倒には様々な要因があり、注意をしていても防げない場合があります。

筋肉の衰え、視力の低下、骨も弱くなっています。

薬の服用による、意識の低下もあるでしょう。

どんなに注意していても、転倒を防げない場合があります。

 

転倒で何が問題なのか! 

入院等が必要となる重篤なケガをする事があるからです。

転倒時の衝撃緩和が重要です。

 


床の安全性=衝撃緩和力+滑りにくさ

転倒予防・ケガの軽減!*重要な対策は、衝撃緩和に優れた床を使用する事です*

「リフォーム畳®」は畳表として使用するシート材を選べます!滑りにくいシート材も!

衝撃吸収の違い

リフォーム畳® 1288N

フローリング材 3908N

リフォーム畳®の衝撃はフローリングの約1/3です

 

転倒による骨折予防は床材の衝撃吸収が重要です。

床材で吸収されなかった力が、ご自身が受ける衝撃です。


衝撃緩和で転倒時のケガの軽減を!

高齢者では

大腿骨頸部の骨折荷重が3500Nとの報告もあります。

(日老医誌 2013:50:36-39)

大腿骨頸部とは、

太ももの付け根の骨です

ここの骨折は、歩ける様になるまで時間が掛ります

そのまま、寝たきりになる場合もあります

また、歩ける様になっても以前と同じ生活に戻れるのか?

1度骨折をしてしまうと恐怖心が残らないか?

様々な心配事がでてきます



リフォーム畳®/介護保険住宅改修補助金対象

厚生労働省に床の衝撃吸収の重要性が認められる

厚生労働省・介護保険住宅改修補助金制度・平成29年7月改訂

厚生労働省・介護保険住宅改修補助金制度で

「畳敷から畳敷(転倒時の衝撃緩和機能が付加された畳床を使用したものなど同様の機能を有するものを含む。以下同じ。)への変更や板製床材等から畳敷への変更についても認められる」と改訂が行われました。

衝撃緩和+機能性

滑りにくさ+衝撃吸収+車椅子が使える+水拭きができる。【リフォーム畳®】

【リフォーム畳®】は介護に適した機能性があります。

滑りにくいシート材が使えます。

畳床を使用する「リフォーム畳®」は衝撃緩和にも優れています。

畳では考えられなかった車イスが使えます。

水拭きができます。

厚生労働省【介護保険住宅改修補助金】対象の機能性があります。改修に要した費用として上限20万円の9割が補助されます。(詳しくはお問い合わせ下さい)


「リフォーム畳®」の価格は、6帖で約20万円です!

新床 「リフォーム畳®」 縁付き 価格

畳縁付き1枚  28,000円(税抜)~

1枚から施工できます  税込30,240円~

(使用する材料で価格が変わります)

 

 (例) 6帖の部屋を全部替える

28,000円×6枚=168,000円

              税込181,440円

 

古床処分 1枚2,000円×6枚=12,000円

                税込12,960円

 

168,000円+12,000円=180,000円(消費税14,400円)         

                    合計税込 194,400円

新床 「リフォーム畳®」 縁無し 価格

畳縁無し1枚 33,000円(税抜)~

1枚から施工できます   税込35,640円~

(使用する材料で価格が変わります)

 

 (例) 6帖の部屋を全部替える

33,000円×6枚=198,000円

              税込213,840円

 

古床処分 1枚2,000円×6枚=12,000円

                税込12,960円

 

198,000円+12,000円=210,000円(消費税16,800円)

                   合計税込 226,800円


*詳しくはお問い合わせください  ☎048-996-8469


関節痛の足に優しいソフトな床材

拭き掃除の時の、膝にも優しい床材です

関節痛
関節痛

硬い床での生活は足への負担が大きくなります。

「リフォーム畳®」は足に掛る負担を軽減します。

秘密は、厚さ約6cmの畳床とシート材のクッション性です。

畳床の衝撃吸収力は、床材の中では群を抜いています!

畳床を使った「リフォーム畳®」は断熱性もあり、冷えを軽減します。

 

 

沈み込みが少なく歩き易く

お掃除も、水拭きができて、ひざにも優しい床材です。

 

畳では不可能だった!車椅子がスムーズに動かせます。

丈夫です!安心して車椅子を動かしてください。

 

 


この様な床をお探しではないでしょうか?

*転倒してもケガをしにくく、座って痛くない床にしたい。

*滑りにくい床にしたい。

*水拭きでお掃除ができる床にしたい。

*和室のまま、丈夫で機能性のある床にしたい。

*メンテナンス費用を抑えられる床にしたい。


畳の新製品「リフォーム畳®」を開発しました

「リフォーム畳®」の特徴は、

・足に優しく、衝撃吸収に優れた畳床を使用しています。

・滑りにくいシート材が選べます。

・水拭きでお掃除ができます。

・柄は畳柄もあります。車イスが使えるシート材も「リフォーム畳®」には使えます。

・初期費用は、1枚(1帖)28,000円~が掛りますが、クッションフロアシートは、丈夫でメンテナンス費用が抑えられます。傷んだ場合は、1枚から替えられます。

・断熱効果も抜群で光熱費の削減になります。



汚れもキレイにお掃除ができます

「リフォーム畳®」です

サイズは畳と同じ176cm×88cm以下
サイズは畳と同じ176cm×88cm以下
縁無の【リフォーム畳】側面は畳同様に縫う
縁無の【リフォーム畳】側面は畳同様に縫う
裏面に見えているのは、畳床です
裏面に見えているのは、畳床です
畳と【リフォーム畳】はミックスで使えます
畳と【リフォーム畳】はミックスで使えます
表面にクッションフロアシートを使用
表面にクッションフロアシートを使用

い草柄の「リフォーム畳®」なら和室にも違和感なく使えます
見た目は「い草柄」のクッションフロアシートで作った「リフォーム畳®」です
シート材は柄・機能性を好きに選べます
「リフォーム畳®」に使用するシート材は自由に選べます

「リフォーム畳®」は必要な部分だけを変えることもできます!

和室をリフォーム

フローリングにリフォームする場合は部屋の畳を全て撤去して、1部屋全てをフローリングに変えますが、リフォーム畳は必要な部分変えも可能です

2帖だけリフォーム畳®に

リフォーム畳®は必要な部分だけを変えられます。例えば、畳2帖だけを変えることも!

必要な所だけ変えられる

ベッドやポータブルトイレを置く場所だけを変える。これならば、部屋の荷物も置いたままで大丈夫です。シート材の柄をい草柄にすれば見た目も和室です。



畳職人の知識・経験から生まれました!

***様々な問題を解決させた製品が「リフォーム畳®」です***